« サクランボ | トップページ | 個体差 »

2007年6月22日 (金)

ギルが天使になりました。

6月22日午前5時30分 ギルが天使になりました。

15歳という年齢で、最後の最後に大きな大きな病気になってしまいましたが、
ギルは、お父さん、お母さん、ルナと幸せな犬生を送りました。

未熟児で産まれてから2ヵ月後 自然が豊かな地へ 心優しいお父さん・お母さんのもとに婿入りしてから15年。

大きな病気や怪我はなく 毎日毎日元気に走り回っていたギル。

年を取ってから 少し怒りっぽかったけど 小さくてふわふわで心優しいギル。

病気になってからも精一杯頑張って生きたギル。

最後はお母さんの腕に抱かれて静かに天使になったことでしょう。

ギル ありがとう。

2_5

58_2 57_3

51_2 ギルの応援をしてくださった皆様。ギルは静かに天使になりました。きっと、今は病気もなくなり元気に走り回っていることでしょう。母も「大丈夫」と言っていました。きっと介護していくうちに心づもりが出来ていたのだと思います。この写真のような虹の橋で愛する人が来るのを待っているのだと思います。

励ましのコメントをたくさんくださり、ありがとうございました。

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 3頭飼いへ

|

« サクランボ | トップページ | 個体差 »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

とっても悲しいです・・・
でも、家族のみんなに愛されて
ギル君は、たくさん、たくさん
幸せだったと思います。
寂しいけど頑張って下さいね
ご家族の幸せを天使になったギル君は、
見守ってくれてることでしょう。

投稿: トコ | 2007年6月22日 (金) 13時37分

トコさんへ。
ギル 頑張りました。これからはお母さん・お父さんを見守って行く事と思います。必ずやってくる別れはあります。でも別れの時に絶対悔いを残さないよう うちの3ポメをいっぱい可愛がって行きたいです。トコさんもそうですよね~(・∀・)♪+.゚

投稿: ポコヨ | 2007年6月22日 (金) 13時55分

ギル君は愛されて幸せな犬生をすごし、そして幸せな最後を迎えられたと思います
これからはギル君が天国でみんなを見守り、そしてまたの再会を楽しみにしてると思います(^^)
ギル君、そしてポコヨさんのお父さん、お母さん、お疲れ様でした

投稿: はなママ | 2007年6月22日 (金) 14時39分

初めまして。
コメントありがとうございました。
赤ちゃんみたいに可愛い写真ですね。
長生きしたおじいちゃん、幸せだったでしょうね。

投稿: 姫茶 | 2007年6月22日 (金) 18時02分

いっぱいかわいがってもらって、ギル君幸せだったよね。
今頃、ミルちゃんに甘えてるのかもしれないよね。
天国で元気に走り回ってると思います。
義母さんも大変だったと思うけど…
これ以上ないくらい、かわいがってもらったよね。
早く元気になりますように。

投稿: jasmin | 2007年6月22日 (金) 19時03分

ブログ訪問ありがとうございます(o´∀`)
初めての訪問が、悲しい日記だったのでとっても悲しいです...(;д;*)
いつか別れの時がきちゃうんですよね...
過去の日記、少しずつ読ませていただきますねo

投稿: ラテ★ママ | 2007年6月22日 (金) 22時34分

そっか~・・・とうとうギルちゃん・・・
お母さんは心づもりができてたんですね
悲しいけどギルちゃんは精一杯生きたし
ご両親も精一杯介護。もちろんポコヨさんご夫婦も・・・
幸せに天国へ行ったでしょうね
お母さんに抱っこされてる写真がとってもいいお顔だもの
こんな感じで・・・・・

投稿: 桃ママ | 2007年6月23日 (土) 06時26分

一生懸命お散歩していた姿を思い出すと、まだどこかにギルちゃんがいるように思います。
ブログの写真でしかギルちゃんを知らないけれど、その表情から幸せだったいろんな思い出が伝わってきました。
お母さんやお父さん、ポコヨさんも寂しさでいっぱいだと思いますが、ゆっくり心が回復される事を祈っています。
ギルちゃん、生まれてきてよかったね。

投稿: たごさく | 2007年6月23日 (土) 14時19分

私も愛犬を3匹亡くしたことがあります

一匹の子は交通事故でした
私が散歩をしていて目を離した隙に
その子は神のもとに召されました
でも泣きはしませんでした
自分が笑顔でいれば、きっとそのこも笑顔で
いてくれる
そう心に言い聞かせ
今は愛犬のレナやコーラ、くーやルイと一緒に
笑顔で暮らしています
ポコヨさん達も辛いと思いますが
笑顔でいてください
ポコヨさん達が笑顔でいれば
きっとギルは嬉しいはずです
ギルの為にも残された愛犬達の為にも
笑顔でいてくださいね
 では長々と失礼しました

投稿: レナ | 2007年6月23日 (土) 17時14分

ギル君、お母さんに抱っこされて天国に旅立ったんですね…。

きっと安らかな気持ちで旅立つ事ができたのではないでしょうか。

ギル君がいない生活は寂しいし、つらいと思います。

お母様、ポコヨさん家族の方々が、ギル君との素敵な思い出を思い出して、優しく笑える日が来るのをお祈りします。

投稿: さとえび | 2007年6月23日 (土) 21時55分

ギルちゃんが天使になった日
ポコヨさんが私のblogに初めて遊びに来てくれました。
きっと、ギルちゃんが私にポコヨさんを会わせてくれたのですね。

ギルちゃん、ありがとう♪

投稿: そら | 2007年6月23日 (土) 23時56分

お返事遅くなりました。

ギルチャンは天使になったんですね。
虹を上って行く姿が見えた気がします。

ギルチャン最後は温かい腕の中で眠って
キモチ良かったでしょうね(*;ェ;*)

これからは天国で見守っていてね☆

投稿: ゆき。 | 2007年6月24日 (日) 19時24分

こんばんわ。
何度か伺っておりましたが初めてコメントさせて頂きます。
ギルちゃんきっと最期は幸せに旅立っていったと思います。命ある限り一緒にいたいというその願いは叶えられ見送って貰えたのですから。
生まれた以上幸せになる権利は誰にでもあり、ギルちゃんは幸せだった・・生まれてきてよかったと思っていることでしょう。
別れはとても切なく、ぽっかり開いた穴は言いようがないほど寂しいと思います。
ですが、一緒に過ごした日々は互いに宝物として残ります。きっとまた虹の橋で会えます。
時間はかかるかもしれませんが、微笑みながら懐かしく思い出せる日が来ますように。。

投稿: ぱんだまま | 2007年6月25日 (月) 01時10分

皆様へ。
母からメールが届きました。

今頃きっと天国で、ミルお母さんらと仲良く走りまわっていると思います。
ギルちゃんの事、お母さんは忘れる事はありません。
いまでもお母さんのそばにいてくれるような気がします。
有難う!!お母さんは、ギルと過ごした15年間どれだけ幸せだったか・・・・・・
今からはルナと共に又幸せに過ごします。
ギルちゃん見守っていてね。
今は寂しい~ですが、涙出そうな時は、ギルちゃんのお墓に、お参りするから・・・

6月21日朝ごはん食べましたね。でも夕ご飯はえらくて、水も喉通らなく、お母さんはとても悲しかったです。
ギル一番苦しい時に、無理やりたべてーと言って御免なさいね。

頑張って、頑張って、21日夜10時ごろは、すーすー楽そうに休んでいました。

お母さんは、安心して少し休みました。
22日2時ごろにも楽そうに寝ていました。
4時30分ごろもすーすー休んでいました。
5時にお父さんもまだ休んでいるねー。
でも少し呼吸荒いようでした。
5時30分すーと息を引き取りました。
安らかな寝顔でした。しっかり目を閉じ、まるで眠っているようでした。
最後苦しみが無かったのが、良かったです。
どうか天国でしあわせにね~


母はしっかりと介護をしてギルを天国に送り届けました。
私がブログを始めてから皆さんにギルの存在を知っていただき 母も私も嬉しく思っ
ています。母も「虹の橋」を読んでしっかりしてくれています。

必ず訪れる別れですがその日まで大切に幸せにして行きたい。犬生を過ごさせてやりたい。そう心にしっかり決めてギルとの最後のお別れの言葉にします。

ギル ありがとう。

投稿: ポコヨ | 2007年6月25日 (月) 17時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サクランボ | トップページ | 個体差 »